昨日はLGBT(セクシュアルマイノリティ)のイベント、RAINBOW CIRCLE VOL.3でした!



331694c2.jpg


パフォーマンスダンスチームのX-ways(職場同じマムさんは帰られた後だった)とmff(monstown)のシャボン玉担当の方と!



78494c92.jpg


こないだLGBTをテーマに写真を撮ってくれたひつじさんといつもライブ来て下さるSさんと!



他の写真はまだ貰ってないので貰い次第ここに載せるな!














今回は、この日のために新曲を用意して行った。

『僕=私』


ばりばりのクラシックテイストから始まり、ジャズテイストに変わったかと思ったら色んなリズムやジャンルの要素が入ってくる。







『僕=私』

形式ばかり先走る街を
行ったり来たり
人混みが舞い散る

ひらら
ひら

僕 + = 私
形もないまま
ゆらゆら
宙ぶらりん

ぼく Allow Hello あたし
何処でもない音
きっと
愛される


”私”で縛ると滲み出す”僕”
そろそろ放とう
うまく舞えるかな

ひらら
ひら

僕 人 人 私
比べあっても
ゆらゆら
宙ぶらりん

ぼく Allow Hello あたし
これが僕の音
きっと
愛される


僕 + = 私
形もないまま
ゆらゆら
なんでもいいさ

ぼく Allow Hello あたし
これが僕の音
きっと...

Hello Hello Hello Hello...

Allow Allow Allow Allow...

ぼく + =
それが君だけの音なら

ぼくは

すき









俺さ、2年前のレインボーフェスタで初めて衝撃を受けてから、今年1月のLGBT成人式でやっと公に認めようって決めて、自分の中にあった誰にも言えない上手く言えなかったことを人前で歌わせてもらえるようになった。


なんかさ、でもさ、


曲は、最初は自分のために、作るのに、途中から色んな人の顔が浮かぶんだよな。

この2年で出会った人の顔。

自分が許せない人、

死んでしまいたいって思う人、、





音楽だってさ、最初は自分のために始めたのに、気づいたら、人の、特定の人の顔が浮かぶようになってた。



昨日、3曲目は「It shines upon us」を歌った。


あたしは死にたいなんて思ったことない。

だからこんな私が言えることなんてないのかもしれない。
薄っぺらくて綺麗事かもしれない。
人生そんなにうまくいかない。
自分の心も頭ではどうしようも変えられない。
分かってる。

けど

お願いだから
「死にたい」なんて言わないで。



そう泣きつくみたいに歌った。



ねぇ、聞こえてる?

昨日いなかった人にも言ってるんだよ?



どんな形でも

そんなあなたが、私は好きなんだよ。

ちゃんと「好きだ」と思う人が、ここにいるんだよ。

あなたの上にも、ちゃんと愛は降ってる。



私一人なんかの「好き」じゃ足りないかな?

どうすればいい?
どうしたら分かってくれるの?



なんでそんなに自分を責めるの?

あなたの”存在”自体にどれほどの罪があるっていうの?



あたしはノーテンキだから
分からない。

こんなにあなたを認めてるのに、




私では、

あなたの上に降る星のひとつにはなれない?










247d209f.jpg






笑顔にしたい