ライブタイトル

『星が降る』

 

 

 

282870ec.jpg

 

 

(今日は解説だよ!ちょっとめんどくさいこと書いてあるから、スルーしてね!www)

 


さて、タイトルにちなんで、

ライブの全体で"星フレーズ"と呼んでいるピアノのフレーズを散りばめました。
「It shines upon us」というオリジナル曲の冒頭に出てくる、星降るピアノのフレーズです。

それを「子どもは夢を見る」や「愛し命」、「Theme of Rewind」など関わりある楽曲の直前に降らしました。

 

 


そして当日のエルフ様用プレゼントには、メッセージカードと星の欠片(幸せ)と、それにちょっと貝殻を添えて。

 

 

d05f05e1.jpg

 

 

 

ea5f92a7.jpg

 

 

カードは、『星が降る』のフライヤーなどで使用したやつ。

の、日付とサインが入ったバージョン。


その裏にお一人お一人メッセージを残しました。

 

 

b7bea838.jpg

 

 

星の欠片も、ひとつひとつ小瓶に砂と光る石を入れていきました。
割合や量は適当。

(光る石は、暗闇で光るらしいけど怪しいwww

まあ、かすかに光るものを探すのだ!光ってなくてもいいじゃない!)

 

 

貝殻は気づいてる人いるのかな、「子どもは夢を見る」で画面の砂浜から拾い出して耳にあてていた貝殻の、小さいバージョン。

 

 

 

 

 

 

 


そしてサブタイトルは、

第Ⅰ部が「黒」で、第Ⅱ部が「白と灰」。

 

Ⅰ部が黒色のジャケットで男装、Ⅱ部が白色のドレスで女装でした。

 

裏テーマは"性"でした。

 

 

195ae6e3.jpg

 

47ef7ffd.jpg

 

 

 

あるエルフさんからの感想で、

 

「ドレス姿にも関わらず、長い髪を振り乱して歌い、いつものきりっとしたイケメンな視線を客席に向けた時に、"ああ、ゆーこちゃんだ!"と思いました」

 

と言って頂きましたが、

まさに、それをやりたかったのです。

 

「灰」の部分。

 

見た目に関係なく、私の中の性によって見え方が違う。

 

 

 

この辺からは更にめんどくせぇ話なので、すっとばしてくれていいぜよ!www

(密かにこんなこと考えてました!ってだけですので!w)

 

 

まあ、私は中性的だが、自分の中の男性性や女性性、その割合について、ずっと考えていました。
LGBTを勉強して、色んな人がいることを知り、自分をカテゴライズするのがめんどくさくなり、、、もう「おーたゆーこ」でいいや!、と思うようになりました。


今や自分の性を面白く見ていて、歌う時に限り、自分の中に眠る女性性や男性性を自在に引き出せるよう(別のものを宿らせるような感じ?)になりました。

(気を抜いてる普段は、性別のあまりない「おーたゆーこ」ですがw)

 

Ⅰ部では主に男性性を、

Ⅱ部では、最初は女性性を、後半に男性性を意識しました。

 

いやぁしかしなんなんでしょうね、この感覚はwww

 

 

でも、これをやってみたかった。

 

自分の中の謎な存在、「性」、を表現してみたかった。

 

 

 

そしてこれは「性自認(自分のことを女と思うか男と思うか)」の表現ですが、

 

もうひとつ「性指向(男が好きか女が好きか)」にあたるような楽曲は、

 

第Ⅰ部の冒頭と、第Ⅱ部の最後に置きました。

 

「君の代わりに」と、「イベリス」。

 

 

 

「君の代わりに」は、同性に恋をした人のもどかしい想いを、天使に恋をした人間のお話に喩えたもの。

 

「イベリス」は、バンド時のみの楽曲で、アダムとイヴを創った神様への、純粋な疑問の曲。

 

今まで考えてきた、性自認と性指向に対する想い全てをぶつけた楽曲でした。

 

 

 

 

 

*当日のセトリはこんな感じ*

 

 

第Ⅰ部

1. オープニング

2. 君の代わりに

3. バンシー

4. 子どもは夢を見る

5. 葛藤(仮)

 

第Ⅱ部

1. Laurellin

2. ケルティックなお遊び曲

3. 愛し命

4. 裸足の踊り子

5. Mother Tree

6. Theme of Rewind

7. イベリス

 

アンコール

1. It shines upon us

 

 

 

 

 

ちなみに、第Ⅱ部では女性性MAXから始まりました。

 

1曲目の「Laurellin」は、エルフという妖精の言葉を使った曲なのですが。

私の想像するもっとも綺麗な存在を自ら演じるということが、かなり恐れ多く、私の崇拝するものへの冒涜にならないよう、「女装」に見えないよう、めちゃくちゃ、気を使いました。(誰に気を使ってるんだかwww)

 

そして6曲目の「Theme of Rewind」は「灰」MAX曲。

 

多分エルフさんが言われていた「長い髪を振り乱して、」の曲はこれだと思われます。

 

この曲が、「灰色」としてもっともやりたい曲でした。

 

 

 

 

 

まあ、そんなことを、密かに考えていたというお話でした。

 

今日もまた長くなりましたが、ここまで読んで下さった方、ありがとうございます(*´ω`*)

(今日は独り言みたいなものですよ!)

 

 

また続き書きます!

 

そして4日+15日連勤頑張ります!wwwww

 

(それでも嗚呼不思議!まだあの夢の中にずっと居るみたい!)